相続税の相談は税理士に!相続税は小さくできる

相続税にも種類がある

身内に大きな財産を保有したまま亡くなった人がいた場合には、相続税の手続きをしなくてはいけません。しかし、実は相続税というのは単純に計算することができるものではなく、その中にはあえて相続税を抑える必要がないものも存在します。逆に、税金を納めなくてはならないのに全く納めていないような状況になってしまうと脱税として検挙される可能性もあるので注意が必要です。税法は法律の中でも最も複雑なので、税理士に相談して適切な手続きをしてもらいましょう。

払わなくて良い税金って何?

税金の中には、公序良俗や倫理に照らして支払わなくても良い税金が存在します。例えば、交通事故などの不幸な事故によってもらうことになった生命保険です。生命保険というのは、人が亡くなったことに関する対価として支払われるものであり、残された家族にとっては非常に重要な財産となります。ですから、この財産に対して税金を全額請求してしまうのは良くないので、一定金額の範囲内で控除の規定が適用されます。この計算は税理士が行ってくれますので、控除規定が存在する場合には必ず相談しなくてはいけません。

税金の相談料金は非常に安い

相続税などの税金に関する相談料金や手続きの費用は、実はかなり安いです。基本的に、大きな財産を相続する際にはその財産に対するパーセンテージを基準とした報酬を支払うことになります。このパーセンテージはだいたい3%から4%で抑えることができますので、仮に1000万円の相続があった場合には30万円から40万円程度の費用ですべての手続きをしてもらうことが可能です。後で税金のトラブルに巻き込まれないようにするためにも、必要な支出の一つであると言えるでしょう。

税理士は税務の権限を委任される専門職です。しかし、税理士も得意、不得意があります。個人や法人の税金が得意な税理士、徴収への対応が得意な税理士などもいます。相続税の税理士は相続税が得意な税理士です。