気軽にゲット!高校卒業資格を得る方法を紹介

高校卒業資格を得る2通りの方法とは?

学生時代、何らかの理由で高校を中退せざるをえなくなった場合、当然ながら高校卒業資格を得ることはできません。しかし、この資格は中退後でも取得することが可能なのです。年齢に制限はなく、社会人になり企業で働きながらでも資格を得ている人は実際数多く存在します。取得には、大きく分けて通信制高校に通う方法、そして定時制高校に通うという2通りの方法があります。今回は、それぞれの方法の紹介と特徴を考えていきたいと思います。

自由な環境で卒業資格を取得!通信制高校の特徴とは

まず最初に紹介するのは、通信制高校に通う方法です。通信制高校は、月に数回高校に通う以外は基本的に自由に時間が取れ、所定のレポートや面接指導、試験を受けることで単位を取得し、卒業を目指していきます。自宅学習が中心となるので、マイペースで勉強を進めることができます。独学が不安な場合は、サポート校が助けとなってくれます。サポート校では、通信制高校の単位取得に向けたカリキュラムが組まれており、効率的に学習が進められ、最短で高校卒業資格を得ることができます。

主に夜間授業で卒業資格を取得!定時制高校の特徴とは

高校卒業資格を得るもう1つの方法は、定時制高校に通うことです。定時制高校では、夜間を中心にその他特別な時間を使って授業が行われていおり、働く人のための高校という位置づけがなされています。従って、社会人など昼間の時間帯は忙しくて学習できない人にとって最適な環境となっています。1日4時間前後の授業で全日制高校よりも自由度が高く、自宅学習が中心の通信制高校とは違って、授業で分からない事を直接先生に聞けるというメリットもあります。そして、大体4年をかけて高校卒業資格を得ることを目指しています。

高校卒業資格をとるには、全日制高校を卒業してとることが最短ですが、通信制や定時制高校に通い、とることもできます。