信用取引って何?利益を大きくするための取引

信用を担保に取引をしよう

信用取引は、株取引に用意されている取引手法の一つです。普通は、自身が持っているお金を使って取引をすることになりますよね。けれど、信用取引を利用すると自身が持っている以上のお金を使って取引をすることができるようになります。実際に取引をする際には、信用を担保にして取引をすることになりますので証券会社に対して30万円程度のお金を預ける必要があります。その担保の見返りとして普通では考えられた金額で取引ができるようになります。

通常の3倍の取引が可能になる

信用取引のメリットは、通常の3倍の資金で取引をすることができることです。100万円の資金があれば手元に300万円のお金があるものとして取引ができるので、実際に生じた利益も300万円分の取引の利益になります。信用取引は、どこの証券会社であっても利用できるサービスなので使い時には使うことができます。30万円程度を担保に入れなくてはいけませんが、この担保は口座の中に振り込んでおけば良いだけなので実は30万円という金額さえ満たしていればその担保のためのお金を取引に使うこともできるのです。

リスクを排除しながら信用取引を使おう

信用取引を利用する際には、リスクを排除しながら利用することが大事です。確かに、3倍の資金で取引ができると大きな利益を得ることができますよね。しかし、これは返ってくるリスクも3倍になるということを示していますので実際に利用するときにはその点だけ気を付けておく必要があります。具体的には、取引の期間を短くしてリスクをきちんと分散するなどの対策をしておけば、信用取引で大きな恩恵を受けることができるようになるでしょう。

株式の信用取引とは、証券会社に現金、または保有の株式を担保として差し入れ、株式を借りて売買する取引の方法です。